国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産で栽培

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

コロンビアの炊き込みごはん アロス・コン・ポーヨきくらげ入り

きくらげレシピ|きくらげと鶏の炊き込みごはん 洋食・その他料理

アロス・コン・ポーヨ(スペイン語:Arroz con pollo)とは、米と鶏肉を主材料とした、スペイン、ラテンアメリカとカリブ海の島々そしてアメリカ合衆国のニューメキシコ州の料理です。
アロス=米、コン=~と、ポーヨ=鶏肉、の意味。「きくらげ」が入ると「アロス・コン・ポーヨ・セタス(=きのこ)」でしょうか?ラテン料理にもきくらげは合います!

コロンビアの炊き込みごはん アロス・コン・ポーヨきくらげ入り

材料(4人分)

骨付き鶏手羽元(鶏もも肉でも) 8本(ももの場合1枚)
小さじ1
あらびき黒こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ1
おろしにんにく 大さじ1
玉ねぎ 小1個
にんじん 1/2本
赤パプリカ 1/2個
ピーマン 1個
生きくらげ 50g
お米 3合
鶏がらスープのもと 小さじ2
あらびき黒こしょう 適量
ビール 200cc
適量

 

  1. 鶏肉の下処理をします。塩・黒こしょうを強めに全体にふり、もみこんでおきます。
  2. フライパンにオリーブオイルを敷き、にんにくを入れて弱火で香りが立ったら2.の鶏肉を入れて焼き色がつくまで焼きます。
  3. 焼けた鶏肉を取り出します。野菜類をすべて粗みじん切りにします。
  4. 3.と同じフライパンにオリーブオイルを敷き、玉ねぎとにんじんを軽く3分程度炒めます。
  5. お米を研ぎ、炊飯器に入れ、その上から5.の玉ねぎとにんじんを入れます。さらにパプリカ・ピーマン・きくらげも入れます。
  6. 鶏がらスープのもと、こしょう、ビールを入れ、3合の目盛りまで水を入れます。
  7. 3.の鶏肉をのせて、通常白米を炊く時と同じように炊きます。
  8. ごはんが炊けたら、お皿に盛りつけて完成です!

写真付きのレシピはこちら(外部リンク・cookpadの緑工房のキッチンに進みます)

鶏肉の塩こしょうをしっかりしておくと、炊飯時にいい出汁が出ておいしく炊けます。
今回ノンアルコールビールを使いましたが、黒ビールを使うとこっくりとした仕上がりになります。

いかがでしょうか? ぜひビールやコーラなど、炭酸と合わせてお召し上がりください。
きくらげのこりこり感もおいしさに拍車をかけていますよ^^

レシピでも使われている純国産きくらげは、こちらからお買い求めいただけます。

《1個》おうちでかんたん!純国産きくらげ栽培キット・栽培セット【巣ごもり・ステイホームのおともに】
《3個1セット》おうちでかんたん!純国産きくらげ栽培キット・栽培セット【巣ごもり・ステイホームのおともに】
純国産 乾燥きくらげ大容量100g/リンガーハットにも選ばれた純国産きくらげ(100gまでは送料550円)

商品情報はこちら