国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産で栽培

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

箸がとまらない!シャキシャキきくらげ餃子

きくらげレシピ|箸がとまらない!シャキシャキきくらげ餃子

たれなしで食べられる餃子にきくらげを入れたら、シャキシャキの食感♪
他のおかずいらずの栄養満点おかずになりました!
暑い日はキンキンに冷えたビールにシャキシャキ食感の餃子でグイッと一杯やりましょう♪

シャキシャキきくらげ餃子

材料(約30個分)

生きくらげ 50g
豚ひき肉 200g
キャベツ 300g
白ネギ 1本
おろしにんにく 5g
おろししょうが 5g
餃子の皮 30枚
■ 調味料
砂糖 小さじ1
小さじ1
醤油 大さじ1
小さじ2

作り方

  1. 生きくらげ50gを軽く水洗いします。なお、乾燥きくらげを使う場合は5gの乾燥きくらげを40~50℃くらいのぬるま湯に30分程度浸して戻しておいてください。水で戻す場合は約6時間ほどたっぷりの水に浸して戻してください。
  2. きくらげを5mm程度のみじん切りにします。
  3. ボウルに豚ひき肉を入れ、塩を加えて粘りが出るまでこねます。そのあと、調味料の材料をすべて入れてさらにこねます。
  4. キャベツと白ネギをみじん切りにし、豚ひき肉のボウルに入れます。おろしにんにくとおろししょうがも入れ、よく混ぜます。
  5. 餃子の皮の真ん中に具をのせ、皮の縁に水をつけてひだを作りながら包みます。
  6. 冷たいままのフライパンに油を引き、餃子を並べます。
  7. 中火で熱し、底がきつね色になったらフライパンに1cmくらいのお湯を回し入れ、蓋をして水分が飛ぶまで蒸し焼きにします。
  8. フライパンに皿を乗せて、ひっくり返したら完成です!
すぐに包めば野菜からも水分が出ませんので、早めに包んでしまいましょう。

いつもの我が家の餃子にきくらげを入れてみちゃおう!と思い、いれてみました。シャキシャキ食感が楽しい餃子です♪

商品情報はこちら