きくらげ栽培キット・純国産きくらげ販売の通販サイト緑工房

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

骨粗しょう症予防にビタミンDが効く!きくらげを食べていつまでも元気でいよう

緑工房のみどり日報

9月16日(月)は敬老の日ですね。
この日は「何歳になっても健康で丈夫で長生きをしてほしい」という願いを込めたお祝いの日ですが、皆さま日々の健康に気を付けていますか?

人間の身体が自由に動くように維持するのに最も大きな役割を果たしているのは『骨』だと言われています。骨を丈夫に保つことが、いつまでも元気な体を維持することにもつながります。

骨粗しょう症とは?

『骨粗しょう症』という病気を聞いたことがありますか?
聞いたことはあるし、なんだか怖そうなイメージはあるけれど、なんとなくしか知らないという方も多いのではないでしょうか。

『骨粗しょう症』とは、骨の量が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。

☑以前より身長が低くなった
☑背中や腰が曲がってきた
☑背中や腰に痛みを感じる

などの症状を感じる方は、要注意です。

骨粗しょう症の患者は日本に約1000万人以上いると言われており、高齢化にともない、年々その人数は増えているそうです。

【引用】公益財団法人日本整形外科学会日本イーライリリー株式会社

骨粗しょう症予防のためには?

骨粗しょう症を予防するには、骨密度を低下させない食事と骨を強くするための運動が効果的だと言われています。

食事の中で取り入れた方がよいとされている栄養素は、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなどです。 特にカルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸でのカルシウム吸収率がよくなると言われています。

また、日々の運動習慣も大切だと言われています。骨は、負荷がかかるほど骨をつくる細胞が活発になり、強くなる性質があるため。 散歩を日課にしたり、階段の上り下りを取り入れるなど、日常生活のなかでできるだけ運動量を増やすことが骨の健康を維持するのに効果的なのだそうです。

【引用】いいほね.jp 骨粗しょう症啓発サイト

いつまでも丈夫な体で生き生きと暮らす

骨が丈夫でいつまでも健康な身体を保つことができれば、外に出てアクティブに活動できます。

秋になり過ごしやすい気候になった今の季節はお出かけにぴったりです。紅葉狩りやハイキング・登山などのアウトドアもおすすめです。

秋になると、猛暑の時期が過ぎて熱中症などの危険性も少なくなるので、新たに社交ダンスやテニスサークルなどを始める人も多くなるそうです。

いつまでも丈夫な体で生き生きとしていたいですよね。
日々の食事を見直して元気な身体を目指しながら、この秋、何か新しいことに挑戦してみませんか?

日々の食事にビタミンDたっぷりのきくらげを

ビタミンDたっぷりのキクラゲを毎日たった5g(乾燥状態)取り入れるだけで、健康が維持できると言われています。中華だけでなく、和食から洋食まで様々な料理に合わせて使えるきくらげ。ぜひ、取り入れてみてくださいね。


この秋おすすめのきくらげレシピ集はこちら↓↓
きくらげレシピ集

▼おススメ記事
毎日たった5g 乾燥きくらげを10日間食べるだけで、これほどの効果が!
【テレビでも紹介】骨粗しょう症予防にビタミンD豊富なきくらげがおすすめな理由

初めての方限定♪ 乾燥きくらげ10gおためしパック送料無料300円!
戻すと10倍の重さになるので、いろいろなお料理に使ってみてくださいね!

乾燥キクラゲおためし10g300円

商品情報はこちら