国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産で栽培

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

きくらげたっぷり♪だしの旨味あふれるカニ鍋の作り方

和食
秋も深まり、特に朝晩は冷え込むようになってきましたね。
さて、寒くなってくると食べたくなるものといえば・・・そう、「鍋」です!
鍋は、簡単で手間がかからず、たっぷり野菜が取れて、身体も温まる。まさに一石三鳥です。

きくらげはクセがないので、どんなお鍋にも合います。
栄養満点なのはもちろんのこと、煮えた柔らかい野菜と一緒にコリコリ食感も楽しめるので、おすすめです。乾燥きくらげを乾燥状態のままで入れると出汁を吸って戻るので、水で戻す必要がなく、お手軽です♪

今回は、鳥取県の食材であるカニを使ったカニ鍋をご紹介します。

きくらげ入りカニ鍋

材料(4人分)

カニ(紅ズワイガニ) 2杯
乾燥きくらげ 10g
大根 1/4本
白ネギ 1本
白菜 1/4個
水菜 1束
絹ごし豆腐 1丁
キノコ類(椎茸、えのき、しめじなど) 適量
■調味料
2L
だし汁(今回はどぶろく鍋だしを使いました) 適量
ぽん酢(お好みで) 適量

作り方

  1. 大根は厚さ5mmのいちょう切りにします。白菜は芯を切り落とし、5cm幅に切ります。水菜は5cmの長さに切り、長ねぎは1cm幅の斜め切りにします。しいたけは表面に米字に切り込みを入れます。絹ごし豆腐は6等分に切ります。
  2. 土鍋に1と乾燥きくらげ、調味料、カニを入れます。
    乾燥きくらげは、乾燥のままで入れてもOKですが、汁を吸って6~7倍ぐらいの大きさになりますので、なるべく小さいものを選んで入れていただくことをお勧めします。大きなものは、水で戻してから一口サイズに切って入れましょう。
    乾燥きくらげの戻し方はこちらで紹介しています。ご参照ください↓
    炭酸水でぷりぷり感UP!乾燥きくらげの戻し方
    栄養を逃さない!冷水でじっくり乾燥きくらげの戻し方
  3. 湯気が出てきたら蓋を取り、弱火にして、野菜がしんなりするまで5分ほど煮たら完成です。お好みでポン酢をつけてお召し上がりください。

鳥取県は、境漁港など県内の主要漁港でのカニ類の水揚げ量の合計が約8,700tと全国の約50%を占める日本屈指の産地です。9月1日にはベニズワイガニ漁、11月上旬には鳥取の冬の味覚を代表する松葉がにや親がに(ズワイガニの雌)漁が解禁され、鳥取の美味しいカニが味わえる季節がやってきます。これからの季節、鳥取にカニを楽しみにぜひお越しくださいね♪
▶ベニズワイガニ漁解禁 ウェルカニキャンペーン
▶ベニズワイガニ初セリ2019境港

初めての方限定♪ 乾燥きくらげ10gおためしパック送料無料300円!
戻すと10倍の重さになるので、いろいろなお料理に使ってみてくださいね!

乾燥キクラゲおためし10g300円

商品情報はこちら