国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産にこだわり栽培

秋のお弁当おかずレシピ集
リピート率No.1!乾燥きくらげ500g
おうちで育てよう!きくらげ栽培キット、きくらげ栽培ポット

キャッシュレス・ポイント還元

キャッシュレス・ポイント還元5%

乾燥きくらげ

乾燥キクラゲ

生きくらげ

生キクラゲ

きくらげ栽培キット

キクラゲ栽培キット

きくらげのいろいろ

キクラゲの栄養価 リンガーハットに選ばれた純国産キクラゲ キクラゲのレシピ集

緑工房通信

緑工房ときくらげのお役立ちブログはこちらからどうぞ! 全国のきくらげ情報や、レシピも満載♪

ブログ緑工房通信

SNS随時更新中!

Facebookページ インスタグラム クックパッド Twitter

ブックマーク

ぜひ、純国産きくらげの緑工房のWebサイトをブックマーク(お気に入り登録)してください。
次のお買いものでもお客さまとお会いできますように。

 
純国産きくらげで健康生活始めませんか?

\テレビで話題!これまで放映されたキクラゲの特集/

2017年11月30日 所さん!大変ですよ 「悩みが次々解消!? 幸せの黒いキクラゲ」
2019年3月20日 『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP【今夜、芸能人が劇的ダイエット&整形激白!】』

釜揚げきくらげ

最近、テレビでも話題になって取り上げることが多くなった注目の食材、『木耳(キクラゲ)』。中国では古来から、きくらげは薬膳に使われ、滋養に良いとされてきました。また、国内の主な産地である鹿児島県や熊本県では「長寿の妙薬」として、きくらげを食べる文化のある地域もあるとのこと。そんなきくらげの栄養や効能について、詳しくご紹介していきます!
【参照:中医推拿 楽楽堂

きくらげは食べる体質改善!女性の身体にとってうれしい効能がいっぱい

キクラゲを食べ続けると、さまざまな体質改善効果があると言われています。
■便秘改善
きくらげは、腸の中で水分を吸収し大きく膨らむ「不溶性食物繊維」が豊富。そのため、腸を刺激して便秘改善に効果的と言われています。

■血糖値を下げる
きくらげには、水溶性食物繊維β-グルカンが多く含まれており、血糖値を下げ、余分な糖質を体外へ排出する効果が期待できます。

■血圧を下げ、血液さらさらに
血流が悪い末端の毛細血管まで血液が通わなくなり幽霊のように血管が見えなくなる症状を「ゴースト血管」と呼び、認知症、脳梗塞、骨粗しょう症を引き起こす原因になるとも言われています。その大きな要因はビタミンD不足。 きくらげは食物の中でもトップクラスのビタミンD含有量のため、これらの症状改善に効果を発揮すると言えます。

■美肌・アンチエイジング
きくらげの戻し汁には、美肌効果があると言われるビタミンB群が溶けだしているそうです。ビタミンBが多いと、皮膚の活性が良くなり、代謝が良くなるため、美肌効果が期待できます。また、きくらげのプルプルした食感の元になっている、ゼラチン質の膠(ニカワ)質という名前の成分で肌に水分を与えるため、乾燥肌やシワ・たるみの予防効果が期待できます。

■骨粗しょう症予防
きくらげに豊富に含まれているビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。きくらげ自体もカルシウムを含んでいるので、丈夫な骨づくりの強い味方と言えます。

■肩こり・腰痛の改善
ビタミンD不足がひどくなると、肩こりや腰痛が起こりやすくなるという研究結果も出ています。特に腰椎や椎間板に原因がある腰痛の場合、骨と椎間板を強くすることが大切です。カルシウム吸収を高めるビタミンD含有量の多いきくらげは、腰痛にも効果が期待できます。

■花粉症の予防と症状の改善
きくらげに豊富に含まれているビタミンDには、免疫力の向上やアレルギー症状を改善する作用にも効果があることが明らかになっています。花粉症に悩んでいる方には、おすすめです。

■貧血予防
きくらげは、鉄分も豊富。貧血や疲れやすさの予防に取り入れたい栄養素です。

こんなにうれしい効能ばかりのキクラゲですが、実際どのぐらいの栄養素が含まれていて、どのぐらい食べればいいのでしょうか? 

体脂肪率ダウン、免疫強化、骨を丈夫にするビタミンDが豊富!

きくらげは、ビタミンDの含有量が豊富。他のビタミンにとは違い、ホルモンのような働きをするのがビタミンD。食物からのカルシウム吸収を促し、血液中のカルシウム濃度を一定の濃度に保つ働きがあり、骨格を健康に維持するのに役立ちます。ビタミンDが不足すると、骨が軟化し、細くなり、脆くなってしまうため、骨粗しょう症になりやすく、悪化すれば骨折につながる恐れもあります。また、ビタミンDは筋肉を動かしたり、免疫の働きにも重要な役割を果たしています。さらに、糖尿病や高血圧、多発性硬化症といった自己免疫疾患などの病気や健康状態とビタミンDとの関連についても研究が行われています。
参照:「統合医療」情報発信サイト

純国産きくらげの緑工房の乾燥きくらげは、天日干しにしたのち、機械で乾燥仕上げをしているので、
機械乾燥のみで乾燥した乾燥きくらげよりも、ビタミンD含有量が豊富だと思われます。

また、生きくらげの場合も、数時間ザルなどに並べて日光に当ててから食べていただくと、よりビタミンD量が増えることが期待できるので、おすすめです!

▶骨粗しょう症予防にビタミンD豊富なきくらげがおすすめな理由

便秘解消、血液さらさらに!食物繊維たっぷり

きくらげの食物繊維含有量は、きのこ類の中でも、ダントツ。茹でたきくらげ100gあたり16.3gの食物繊維を含んでいます。これは、こんにゃく便のかさを増やす「不溶性食物繊維」と、便を軟らかくする働きがある「水溶性食物繊維」があります。どちらも摂ることが望ましいと言われますが、きくらげには不溶性・水溶性どちらの食物繊維も含まれています。

きくらげには、「水溶性食物繊維 β-グルカン」が含まれており、余分な糖質を包みこんで排出するほか、糖質や脂質の消化・吸収を遅らせる働きがあるので血糖値の上昇を抑え、糖分が脂肪に変わるのを防いでくれるとのことです。 
【参照:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版))、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト日本食品標準成分表2015年版(七訂)

体の調子を整え、貧血防止に効くミネラルが豊富!

きくらげには、身体の調子を整えるミネラル分と言われる鉄分やカルシウム、マグネシウムなども含まれています。特に、鉄分は30〜69歳の女性に必要な栄養素。一日あたり11.0mg摂った方が良いと言われています。鉄分が不足すると、疲れやすくなったり、顔色が悪くなったり、立ちくらみに悩まされ、一度失うと元の状態にするのに時間がかかるといいます。ほかのきのこの10倍の鉄分含有量を誇るきくらげを食事に取り入れ、貧血改善に努めましょう。

安心・安全の無農薬栽培の純国産きくらげ

緑工房のきくらげは、菌床(きくらげを育てる培地)の材料となる、おがくずなどもすべて国産にこだわり、無農薬で育てています。国内で流通している「国産」きくらげの中には、輸入した菌床を使っているものもありますが、緑工房のきくらげは「純国産」なので、育っている環境もすべて明らか。安心して食べていただけます。

▶農場からのご挨拶

そんな緑工房の純国産きくらげは、こちらからお買い求めいただけます↓↓

乾燥きくらげ100g 緑工房のこだわりのバナー ブログ緑工房通信のバナー きくらげレシピ50選のバナー

ページトップへ